新興電機株式会社
メール電話
☆ご注文方法:ショッピングカート、問い合わせメール、FAXのいずれかをご利用ください。
☆お支払い方法:銀行振り込み(標準)、その他ご相談下さい。
☆送料は無料です。(パナソニック商品一部除く)  但し、車上渡し 離島、遠隔地を除く場合もあります。
HOME 商品一覧 ご利用ガイド 会社案内 お問合せ
HOMEインバーター販売> VFNC3 シリーズ> VFNC3-2022P

インバーター VFNC3-2022P

現在世界的な半導体不足を受け、
インバータはほぼ欠品状態です。
現在、弊社での在庫はございません。
在庫、納期は、メーカーならびに仕入先への確認となります。

お客様のご都合による返品、交換はお受けできませんのでご注意ください。
VFNC3-2022P の詳細仕様はメーカサイトへのリンクからご確認ください。
商品を選択し、フォームに必要事項を記入するだけで注文できます。
会員登録の必要はありません。
FAXでのご注文は、下のFAX注文用紙を印刷し、必要事項をご記入の上、ご送信ください。
メーカ サイト
型名
適用モータ(kW)
電源電圧(V)
標準価格
(税抜き)
販売価格
(税抜き)
販売価格
(税込み)
お買い上げ
東芝シュネデール・インバー夕 VFNC3-2022P 三相
2.2
三相
200
\115,000\28,800\31,680
台 

外形寸法図面を見る>>改良により予告なく変更がありますのでご注意ください。

写真は代表画像です
項目内容
主な制御機能制御方式正弦波PWM方式
定格出力電圧電源電圧補正で基底周波数における出力電圧の調整可能(入力電圧以上不可)
出力周波数範囲0.5〜200.0Hz設定、出荷時は出力周波数0.5〜80Hzに設定、最高周波数(30〜200Hz)調整可能
周波数設定分解能0.1Hz:操作パネル入力、0.2Hz:アナログ入力(最高周波数100Hz時)
周波数精度ディジタル設定:最高出力周波数の±0.5%以内(-10〜+50℃)
アナログ設定:最高出力周波数に対して±1.0%以内(25℃±10℃)
電圧/周波数特性V/f、すべり補正、基底周波数/基底周波数電圧およびトルクブースト量の調整可能
周波数設定信号正面配置のボリューム、外部ボリューム(3〜10kΩ定格のボリューム接続可能)、VI端子(電圧入力(0〜10Vdc))設定時:入力インピーダンス42kΩ、電流入力(4-20mAdc)設定時:入力インピーダンス250Ω、2ポイントの設定で任意の特性設定可能。
運転仕様始動周波数
/周波数ジャンプ
0.5〜10Hzの範囲で調整可能/周波数及び幅の設定を1ヶ所まで可能
PWMキャリア周波数2、4、8、12、16kHzから選択可能
加速・減速時間0.1〜3000秒、加減速時間1・2の切換え
リトライ運転リトライ回数(最大10回まで)設定可能。保護動作が働いた場合主回路素子をチェック後、リトライ機能開始。
電気制動コンデンサチャージ(強制短時間減速モードを使用すると減速時間を短くすることが可能)
直流制動制動開始周波数(0〜最高周波数)、制動量(0〜100%)、制動時間(0〜20秒)
入力端子機能(選択)正転/逆転入力信号、ジョギング運転入力信号、運転準備信号、多段速運転入力信号、リセット入力信号、等、45種類の機能から選択可能。(シンク/ソース選択)
出力端子機能(選択)周波数下限リミット出力信号、周波数上限リミット出力信号、低速度検出出力信号、指定速度到達出力信号、等、14種類の機能から選択可能。オープンコレクタ出力およびリレー出力可能
故障検出信号1c接点の出力(250Vac-2A-cosθ=0.4)
周波数計用出力
/電流計用出力
PWM出力(1mAdcフルスケールの直流電流計、または、7.5Vdcフルスケールの直流電圧計/整流形交流電圧計、225%電流MAX-1mAdc、7.5Vdcフルスケール)
保護機能保護機能ストール防止、カレントリミット、過電流、出力短絡、過電圧、過電圧制限、不足電圧、地絡、電源欠相、出力欠相、電子サーマルによる過負荷、始動時アーム過電流、始動時負荷側過電流、過熱保護、アナログ信号断線検出
瞬停対策瞬停再始動および瞬停ノンストップ制御
電子サーマル特性標準モートル/定トルク用VFモートル切換え、過負荷トリップ、過負荷ストール選択
表示機能4桁7セグメントLED周波数表示:インバータ出力周波数
警報表示:運転中ストール警報“C”、過電圧警報“P”、過負荷警報“L”、過熱警報“H”
状態表示:インバータ状態(周波数、保護機能動作原因、入出力電圧、出力電流、など)と各設定パラメータ
フリー単位表示:出力周波数に対して任意の単位表示(回転数など)
点灯表示RUNランプ、PRGランプでインバータの状態などを点灯・点滅にて表示
環境使用環境屋内、標高1000m以下、直射日光や腐食性、爆発性ガスのないこと/振動は5.9m/S2以下(10〜55Hz)
周囲温度-10〜+50℃ 注1) 注2)
保存温度-20〜+65℃
相対温度20〜93%(結露および蒸気のないこと)
注1)周囲温度が40℃を超える場合:上部シールを取り外して使用して下さい。
注2)サイド・バイ・サイド設置(密着設置)をする場合:上部シールを取り外して40℃以下で使用して下さい。

このインバータのシリーズには、以下の形名があります
VFNC3S-1001P VFNC3S-1002P VFNC3S-1004P VFNC3S-1007P VFNC3S-2001PL VFNC3S-2002PL
VFNC3S-2004PL VFNC3S-2007PL VFNC3S-2015PL VFNC3S-2022PL VFNC3-2001P VFNC3-2002P
VFNC3-2004P VFNC3-2007P VFNC3-2015P VFNC3-2022P VFNC3-2037P